ビジネスリサーチラボ

open
読み込み中

最新情報

ビジネスリサーチラボは、組織サーベイのリアルを語る対談を2部構成で開催します

最新情報プレスリリース
ビジネスリサーチラボは、組織サーベイのリアルを語る対談を2部構成で開催します。
※各回完結型のため、どちらか1回のみのご参加も可能です。

【前編】2/17(水)15:00-16:00
「組織サーベイの結果を経営層にフィードバックする際のポイント」

【後編】3/17(水)15:00-16:00
「テレワーク下での組織サーベイで調査すべき項目とは」

参加者の皆さまからの質疑応答の時間も設けますので、組織サーベイの導入・実施にあたって
「こんなことに困っている」ということがあればぜひぶつけてみてください。


【前編】組織サーベイの結果を経営層にフィードバックする際のポイント

「組織サーベイを実施したは良いものの、やりっぱなしになってしまい結局活用できなかった」
そのようなご相談をいただくことがあります。

組織サーベイの結果をもとに施策を展開する上で鍵になるのが
「経営層へのフィードバック」です。

弊社が組織サーベイを行うクライアント様では、
経営層へのフィードバックも支援させていただくケースが度々あります。

本対談では、経営層へフィードバックする際のポイントについて
弊社代表の伊達とコンサルティングフェローの神谷が、
これまでの実績をもとに対談します。

組織サーベイの導入・運用を担当している方はもちろんのこと、
経営層とのコミュニケーションに課題を感じている方にもおすすめです。

【開催概要】
・日時 :2021年2月17日(水)15:00-16:00
・場所 :オンライン(Zoomを利用)
・定員 :200席
・参加費:無料
・講師 :
伊達洋駆(株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役)
神谷俊 (株式会社ビジネスリサーチラボ コンサルティングフェロー)

お申込みフォーム(peatix):https://210217brl.peatix.com/

 

【後編】テレワーク下での組織サーベイで調査すべき項目とは

 

テレワークが非日常的なものではなくなり、
オンラインを軸にした働き方に慣れてきた方も多いのではないでしょうか。

仕事は問題なく進んでいても、現状の働き方に何となく不安を抱えていたり、
以前の働き方と比べてやはり違和感を覚える方もいます。

このような状況で実施する組織サーベイでは、
テレワークやオンライン中心の働き方で生まれてきた違和感にアプローチできるような設計をする必要があります。
以前と同じ項目で実施していては、拾いきれないものが出てくる可能性があるということです。

それでは、どのような質問項目で実施すれば良いのでしょうか。
テレワーク環境の特殊性を確認しながら、今求められる組織サーベイの在り方を検討します。

【開催概要】
・日時 :2021年3月17日(水)15:00-16:00
・場所 :オンライン(Zoomを利用)
・定員 :200席
・参加費:無料
・講師 :
伊達洋駆(株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役)
神谷 俊(株式会社ビジネスリサーチラボ コンサルティングフェロー)

お申込みフォーム(peatix): https://210317brl.peatix.com/

 

株式会社ビジネスリサーチラボについて
企業人事をクライアントに、「アカデミックリサーチ」をコンセプトとした組織サーベイや人事データ分析を提供しています。

本件に関するお問合わせ
株式会社ビジネスリサーチラボ
Web:https://www.business-research-lab.com/
Mail:kenkyukai at business-research-lab.com

#神谷俊 #伊達洋駆 #組織サーベイ

テレワーク(リモートワーク)に伴う
課題のご相談も受け付けています