ビジネスリサーチラボ

open
読み込み中

ビジネスリサーチラボとは

社会科学の研究知見を市場へ

経営学の研究知見や、定量的・定性的な分析技術をもとに、企業にサービスを提供する会社を作りたい。そうした思いをもって、ビジネスリサーチラボはスタートしました。これは、経営学の研究室を市場の中に作る挑戦であり、同時に、経営学の臨床を社会に実装する取り組みでもあります。これからも当社独自の観点から、人や組織をめぐる課題を発見・解決するための支援を行うことを通じて、産業界と学術界に貢献していきます。

研究知見と統計分析の技術を活用した
人事の専門家集団です

当社は10年以上、研究知・実践知・分析技術を元に、主に人事領域において「アカデミックリサーチ」をコンセプトとしたサービスを提供しています。組織サーベイや人事データ分析では、データを収集して統計分析を行い、結果をもとに対策を立てる必要があります。類似サービスでは、単純集計のみで統計分析を行わないケースがありますが、それだけでは現状を正確に把握することはできません。単純集計の結果は組織の現状を正確に表さない場合がありますが、その結果をもとに人事施策を立ててしまうと、従業員の不利益に繋がりかねません。従業員に影響を与える施策を講じるときほど、統計分析に基づく判断が不可欠です。当社の強みは研究員全員が高度な分析技術を有し、収集したデータを基に統計分析をできることです。また、社内勉強会を定期的に実施し、分析技術のさらなる向上に努めています。

対策は実現可能なものであること

組織サーベイや人事データ分析は、会社を「良い状態」にするための手段として実施するものです。会社がどのようになっていることを「良い状態」と定義するかは、企業によって異なりますが、何をもって良い状態とするかを明確に答えられる企業は実は少ないものです。当社は「良い状態」を定義するところからサポートし、そうなるためには何が必要かをクライアントと一緒に考えます。そのうえで、理想の状態に対して現状がどのようになっているかを可視化するための調査・分析を設計します。
対策を検討する際には、実現可能性を重視します。企業を取り巻く環境や文化、担当者の置かれた状況は各社で異なります。当社は、そのような個社ごとの背景を考慮して実現可能な対策を立案します。当社ではこのような各社の状況に合わせた分析や対策立案をするために「オーダーメイド型組織サーベイ」を提供しています。「オーダーメイド型組織サーベイ」に対応できる企業は少ないですが、当社は創業以来多くの企業に提供してきた実績があります。

統計分析の知識
×
ドメイン知識(課題に関する専門知識)
= 価値

データ分析は統計分析の知識だけでできるものではありません。データ分析を行う前には仮説を立てますが、この仮説を立てるには学術知見と現場で発生している課題の専門知識、所謂ドメイン知識が必要です。当社は人事領域のドメイン知識を長年の研究と実績から豊富に有しており、極めて精度の高い仮説を立てることができます。当社が持つ統計分析の技術とドメイン知識による仮説で信頼性の高い分析を提供しています。

今後もビジネスリサーチラボは、学術研究や統計分析の知識を人事・HR事業者に届け続け、人事業界の知識の向上に貢献します。また、研究知見を用いて人と組織をより良くする方法を「臨床経営学」として確立することを目指しています。学術研究の訓練を受けた研究者を雇用し、人材発掘・育成を行うとともに研究者の新たなキャリアモデルを作っていきます。

テレワーク(リモートワーク)に伴う
課題のご相談も受け付けています