ビジネスリサーチラボ

open
読み込み中

フェローご紹介

孫 潔|フェロー

 

専門

老年学(高齢社会の学際的研究)

 

兼務

慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI: Keio University Global Research Institute)2040独立自尊プロジェクト 特任研究員
桜美林大学老年学総合研究所 連携研究員
老年学ECR(Early Career Researcher)ネットワーク委員

 

プロフィール

株式会社ビジネスリサーチラボ フェロー。中国東北大学東軟情報学院日本語専攻卒業、中国チャンス大学大学院日本語言語文化専攻博士前期課程修了、桜美林大学大学院老年学研究科老年学専攻(現・桜美林大学大学院国際学術研究科老年学学位プログラム)博士課程(前期・後期)修了。修士(文学・老年学)、博士(老年学)。老年医学と老年心理学の領域では、中高年者における健康寿命の影響要因、認知症の患者におけるコミュニケーション障害評価に関する研究、老年社会学と教育老年学の領域では、高齢者における学習のニーズとその実践の関連要因、それぞれの活動参加の効果評価に関する研究に取り組んでいる。

 

主要業績

  • 孫潔 (近刊). 認知症の患者におけるコミュニケーション障害評価 『高齢者言語学新発
    見』(顧曰国,黄立鶴,他編)同済大学出版社.
  • 孫潔・杉澤秀博 (近刊). 高齢者における主観的な学習ニーズと実践に関する研究:関連要因の解明 応用老年学, 16.
  • 孫潔・杉澤秀博 (2021). 高齢者における主観的な学習ニーズ及び学習経験に関する評価指標の作成 応用老年学, 15, 58-67.
  • 孫潔・杉澤秀博 (2019). 高齢者向けの学習講座に対する参加者による主観的評価とその関連要因 ― 社会教育施設での学習講座を対象に ― 老年学雑誌, 9, 58-67.
  • 孫潔・杉澤秀博 (2021). 高齢者の学習実践に対する老後に向けての準備行動の直接的・間接的影響 第16回日本応用老年学会大会 東京, 2021.11.
  • 孫潔・杉澤秀博 (2021). 高齢者における主観的な学習ニーズと実践とのギャップ 日本老年社会科学会第63回大会 東京, 2021.6.
  • 孫潔・杉澤秀博 (2020). 高齢者における学習ニーズに関連する要因 第15回日本応用老年学会大会 東京, 2020.10.
  • 孫潔・杉澤秀博 (2020). 日本における高齢者教育発展経緯 第5回北京大学老齢健康博士生学術フォーラム 北京, 2020.10.
  • 孫潔・杉澤秀博 (2018). 高齢者の学習活動の評価に影響する要因―自治体による高齢者向けの講座参加者を対象に― 日本老年社会科学会第60回大会 東京, 2018.6.

 

孫潔の実績一覧>>

テレワーク(リモートワーク)に伴う
課題のご相談も受け付けています