ビジネスリサーチラボ

open
読み込み中

フェローご紹介

藤井 貴之|チーフフェロー

専門
社会性の個人差や発達に関する心理学的な研究

 

プロフィール

株式会社ビジネスリサーチラボ チーフフェロー。関西福祉科学大学社会福祉学部卒業、大阪教育大学大学院教育学研究科修士課程修了、玉川大学大学院脳情報研究科博士後期課程修了。修士(教育学)、博士(学術)。社会性の発達・個人差に関心をもち、向社会的行動の心理・生理学的基盤に関して、発達心理学、社会心理学、生理・神経科学などを含む学際的な研究を実施。組織・人事の課題に対して学際的な視点によるアプローチを探求している。

 

主要業績

  • 高橋宗良・藤井貴之・松田哲也(2021)「身体的同期と社会的意思決定」『CLINICAL NEUROSCIENCE』39巻, 8号, 996-998頁。
  • 藤井貴之・高岸治人(2018)「子どもの利他行動の発達:日本から発達研究を発信する意義と展望」『発達心理学研究』29巻, 4号, 181-188頁。
  • 藤井貴之・宮崎淳・高橋宗良・石原暢・田中大貴・栗林秀人・高岸治人・松田哲也(2018)Right DLPFCのGABA levelと社会的価値志向性との関連 第20回日本ヒト脳機能マッピング学会 於:新横浜プリンスホテル 3月2-3日
  • Fujii, T., Schug, J., Nishina, K., Takahashi, T., Okada, H., & Takagishi, H. (2016). Relationship between Salivary Oxytocin Levels and Generosity in Preschoolers. Scientific Reports, 6: 38662.
  • Fujii, T., Goto, A., & Takagishi, H. (2016). Does facial width-to-height ratio predict Japanese professional football players’ athletic performance? Letters on Evolutionary Behavioral Science, 7(1), 37-40.
  • Fujii, T., Takagishi, H., Koizumi, M., & Okada, H. (2015). The Effect of Direct and Indirect Monitoring on Generosity Among Preschoolers. Scientific Reports, 5: 9025.
  • Takagishi, H., Fujii, T., Kameshima, S., Koizumi, M., & Takahashi, T. (2009). Salivary alpha-amylase levels and rejection of unfair offers in the ultimatum game. Neuroendocrinology Letters, 30(5), 643-646

社内研修(統計分析・組織サーベイ等)
の相談も受け付けています