「野村不動産の事例から考える 効果的なビジョン構築・浸透の方法」を開催しました

株式会社ビジネスリサーチラボは、2021年6月16日(水)に無料オンラインセミナー「野村不動産の事例から考える 効果的なビジョン構築・浸透の方法 」を開催しました。


当日は62名の方にお申込みいただき、自分たちの会社の目指す姿を示す「ビジョン」について、構築と浸透についての取り組み、学術研究の紹介と野村不動産の事例について解説

しました。


セミナー後のアンケートでは約80%の方に「よく理解できた」「理解できた」と回答いただきました。


セミナー後にいただいたご感想(抜粋)

  • ビジョン構築と浸透の際に必要な要素がとても分かりやすく理解することができました。特に、構築と浸透の要因が一致する必要があるという話は体感していたものも概念的に理解できとても腹落ちしました。経営がビジョンを作り、落とし込みは現場まかせという状況はよくあるケースだと思うのでそうならないような手を打っていく必要性をつよく感じました。

  • ポスト課長クラスが中心になって、上位層を巻き込めるのは、リーダーの求心力が大きかったように思います。

  • 社史から紐解くことや、今までやってきたこと知らず知らずのうちに大事にしてきたものの延長線上にあるということを発信していく部分はぜひ取り入れていきたいと思いました。また、経営層からのトップダウンだけでなく、ボトムアップで浸透を促進していく場合に、経営側の課題感と現場との課題感にギャップはあるものの紐づけて話を進めていく事や、現場と違うレベル感・粒度でもいいのでビジョンに対しての発信を行っていってもらうといったアプローチも必要だなと思いました。


株式会社ビジネスリサーチラボについて

企業人事をクライアントに、「アカデミックリサーチ」をコンセプトとした組織サーベイや人事データ分析を提供しています。


本件に関するお問合わせ

株式会社ビジネスリサーチラボ

Web:https://www.business-research-lab.com/

Mail:kenkyukai at business-research-lab.com

関連記事

すべて表示

経営理念に関する調査プロジェクトが完了しました

株式会社ビジネスリサーチラボは、小売業界のクライアント企業から依頼を受け、経営理念に関する調査を同社の社員を対象に実施しました。 経営理念を重視している会社ではありましたが、「近年、若手を中心に必ずしも理念が浸透していないのではないか」という課題感のもと、調査を実施することになり

伊達洋駆の講演レポート「多様性の時代にこそ必要な『ビジョン』『経営理念』の共有」が日本の人事部に掲載されました

株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役の伊達洋駆が日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」にて登壇した講演「多様性の時代にこそ必要な「ビジョン」「経営理念」の共有 従業員が一丸となれば、組織は活性化し目標を具現化できる」のイベントレポートが掲載されました。