代表取締役の伊達が日本人材マネジメント協会にて離職をテーマに講演しました

2018-4-23

株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役の伊達洋駆が、2018年4月19日(木)に開催された日本人材マネジメント協会(JSHRM)人事制度研究会において、「若手社員の離職問題を科学する」と題した講演を行いました。

 

入社して一人前になるまでの社員の離職は、組織適応に関する課題として以前から取り上げられてきました。しかし、最近弊社にいただくご相談の中で特徴的なのは、入社3,4年目以降の、これからコア人材として活躍が期待される優秀な社員の離職に関するものが多くみられることです。

 

勿論、離職がすべて悪というわけではありません。しかし組織にとっては、これから活躍するであろう優秀な若手社員の離職は大変痛手です。

 

今回の講演では、若手社員の離職に関する問題の所在から改めて問い直し、定着支援アプローチのあり方についてコンサルティング事例と研究知見の双方から論点を提供しました。

 

 

本件に関するお問合わせ

株式会社ビジネスリサーチラボ

Web:https://www.business-research-lab.com/

Tel:03-6455-7020

Mail:kenkyukai at business-research-lab.com

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

 © 2017  Business Research Lab, Inc. All rights reserved.

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

東京都世田谷区奥沢5-40-6 ZOOM自由が丘4F/5F

​info@business-research-lab.com