代表取締役の伊達が『賃金事情』に「リテンションのジレンマ」を寄稿しました

2018-2-06

株式会社ビジネスリサーチラボ代表取締役の伊達洋駆が『賃金事情』(発行:産労総合研究所)2018年2月5日号に、連載「人事のジレンマ」第10回「リテンションのジレンマ」(62-63頁)を寄稿しました。

 

求職者の「売り手市場」状態が続く中、人材採用と同時にリテンション(定着)に課題を抱えている企業も少なくありません。特に、ハイパフォーマーの離職は事業へ与える影響も大きく、弊社にご相談をいただくことも増えています。

今回の記事では、ハイパフォーマーの離職の背景について、職場に焦点を当てて紹介しています。よろしければお手に取ってご覧ください。

 

賃金事情 2018年2月5日

 

 

本件に関するお問合わせ

株式会社ビジネスリサーチラボ

Web:https://www.business-research-lab.com/

Tel:03-6455-7020

Mail:kenkyukai at business-research-lab.com

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

 © 2017  Business Research Lab, Inc. All rights reserved.

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

東京都世田谷区奥沢5-40-6 ZOOM自由が丘4F/5F

​info@business-research-lab.com