ペアの状態を可視化する診断の開発|キュービック様

10周年おめでとうございます。2019年2月ごろに私がマネジメントしていた新規事業開発チームにて、自分がPOとしてHRテックの新プロダクト開発を開始しました。プロダクトは「上司と部下のペア」に着目し、1on1ツールと3つのアセスメントを組み立せ、ペアの状態を可視化し改善するという構想でした。

重要なコアでありながら、弊社には知見がないアセスメント領域で開発に助力いただけるプロを探していたところ、我々のアドバイザーをしていただいていた森田様から、伊達様を強くご推薦いただいたのがそもそものきっかけでした。

お打ち合わせを通じて、アカデミックな知見をお持ちでいながら、柔軟な対応をしていただけるスタンスに強い魅力を感じ、開発を依頼させていただき、数ヶ月に亘り、ディスカッションを通じて理想の1on1についての定義のリードと、プロダクトの根幹になるアセスメントの開発を担っていただきました。

実現したい世界観やプロダクトのイメージは持っているものの、アセスメントについての知見がない中で、我々の考えに近い理論をいくつもピックアップいただき、都度都度、理解のための解説からディスカッションを行い。その内容を受けてのカスタマイズと本当に柔軟にご対応いただいたおかげで、なんとか形にすることができました。

現在は、3つのアセスメントの中から、上司と部下の関係性を可視化し、組織課題と改善が必要なペアをピックアップし、対策の示唆までの提供を目指している「ペアエンゲージメントスコア」をスピンアウトし研究開発を続けております。開発はまだまだ続いていきますので、引き続き、アドバイス、チューニング、追加開発にてご助力いただければ幸いです。

株式会社キュービック

ゼネラルマネージャー 川俣理晶

株式会社キュービックの川俣さんから、上司と部下のペアに注目したサービスの開発についてご相談をいただいた際、「面白い観点だ」と感じたことを記憶しています。上司部下関係は、部下の現在のパフォーマンスは勿論、将来のキャリアに対しても影響を与えることが知られていたからです。

一方でサービス開発にあたっては、ペアが重要だとしても、どのような関係が望ましいのか。そうした関係を作り出すために何が必要か。また、ペアの状態を可視化するにはどうすれば良いか、といった一筋縄ではいかない、いくつもの問いに取り組む必要がありました。

難問に悩みながらも、LMXをはじめとした学術研究の知見に、開発チームメンバーによる実践知を加え、漸進的に自分たちなりの解をたぐり寄せて、無事、サービスに落とし込むことができました。上司部下関係に関する気づきに満ちたプロジェクトでした。

株式会社ビジネスリサーチラボ

代表取締役 伊達洋駆

関連記事

すべて表示

組織サーベイの共同開発|マイナビ様

ビジネスリサーチラボ10周年、本当におめでとうございます。伊達さんには、私がマイナビに中途入社した2013年以前から多大なサポートを頂いておりましたが、私がご一緒した案件で印象的なのは2019年にリリースした組織診断「マイナビエンゲージメント・リサーチ開発プロジェクト」です。

働き方満足の組織サーベイ|アサヒプロマネジメント様

当社では管理部門生産性向上を目標に、総労働時間改革に続き、「成果」の増大と質の向上を実現するため、仕事を通じた社員の「働き方満足」向上を掲げました。 ただ、このままでは表現も抽象的で曖昧なため、働き方満足とは何かを定義し、そこに導く要因を明確にして施策に取り組む必要がありましたが

 © 2017  Business Research Lab, Inc. All rights reserved.

東京都世田谷区奥沢5-40-6 ZOOM自由が丘4F/5F

​info@business-research-lab.com

個人情報保護方針

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon