組織サーベイの共同開発|マイナビ様

ビジネスリサーチラボ10周年、本当におめでとうございます。伊達さんには、私がマイナビに中途入社した2013年以前から多大なサポートを頂いておりましたが、私がご一緒した案件で印象的なのは2019年にリリースした組織診断「マイナビエンゲージメント・リサーチ開発プロジェクト」です。

マイナビ・ビジネスリサーチラボ・筑波大学の3者での共同開発という大きなプロジェクトになりましたが、学術的にも重要とされている“妥当性”・“信頼性”はもちろんのこと、現場の行動変容までを鑑みた“活用性”も意識されているとても良いサーベイ商材に仕上がりました。ビジネスリサーチラボHPにも記載のある伊達さんの想いである「研究と実務の間にある距離を近づけたい」をまさに体現して頂いたことに感銘を受けました。

これからも伊達さんの見識の深さとビジネスへの実直さを活かして、良質な商品開発や意義のある研究などを通じて日本のHRを盛り上げていってください。私も同年代のビジネスパーソンとして研鑽してまいりますので、これからもよろしくお願いいたします。

株式会社マイナビ

教育研修事業部 事業開発統括部 統括部長

HR Trend Lab所長

土屋裕介

ビジネスリサーチラボは、パッケージ化された商品を持たず、オーダーメイドでサービスを提供している会社です。そのため、人事部門を顧客とするHR事業者の商品開発を支援させていただくことがあります。

株式会社マイナビとは「マイナビ エンゲージメント・リサーチ」という組織サーベイ商品を共同開発しました。私たちの他に、筑波大学の岡田昌毅教授や大塚泰正准教授らも加わり、豪華な布陣で臨む贅沢な時間となりました。

開発チームでは、エンゲージメントに関する学術的な実証結果を参照しつつ、同時に実践的な有効性も確保すべく丁寧に議論を行いました。長きにわたる議論を粘り強く取りまとめていただいた土屋さんのお陰で、良いサーベイに仕上がったのではないかと思います。

株式会社ビジネスリサーチラボ

代表取締役 伊達洋駆

関連記事

すべて表示

ペアの状態を可視化する診断の開発|キュービック様

10周年おめでとうございます。2019年2月ごろに私がマネジメントしていた新規事業開発チームにて、自分がPOとしてHRテックの新プロダクト開発を開始しました。プロダクトは「上司と部下のペア」に着目し、1on1ツールと3つのアセスメントを組み立せ、ペアの状態を可視化し改善するという

働き方満足の組織サーベイ|アサヒプロマネジメント様

当社では管理部門生産性向上を目標に、総労働時間改革に続き、「成果」の増大と質の向上を実現するため、仕事を通じた社員の「働き方満足」向上を掲げました。 ただ、このままでは表現も抽象的で曖昧なため、働き方満足とは何かを定義し、そこに導く要因を明確にして施策に取り組む必要がありましたが